介護の求人情報を探すなら専門のサイトをチェック

学歴と実務経験

ヘルメットを持つ人

建設業界で働く際に役立つ資格として一級建築士という資格があります。この資格の試験を受けるには受験資格が必要になるでしょう。この資格は国家資格なので、建設業界で働く際にとても役に立ちます。基本的に一級建築士の資格を取る場合は、学歴と実務経験が大切になってくるでしょう。一般的に高等学校の建築土木科を卒業した方は、3年以上の実務経験を積むことで一級建築士の試験を受けることができるようになります。また、大学や高専などの土木科を卒業した場合は1年以上の実務経験が必要になるのです。基本的に実務経験が必要な資格となります。一般的に建築学科や土木科を卒業しなければ試験を受ける資格がないと思われることが多いですが、7年以上の実務経験があれば関係なく試験を受けることができるでしょう。その為、専門学科で学ばなくても試験を受けることは可能なのです。ただしこの場合は、独学で試験勉強をしなければならないので仕事をしながら勉強するのは大変でしょう。学校の専門学科ならポイントを押さえて勉強することができるので、資格取得に有利になると言えます。また、実務経験とは何かというと、設計事務所や建築会社などで建物の工事監理や設計、施工管理業務をすることを意味しています。また、大学などの研究所で建築に関わる教育や研究も実務経験になるのです。このように学歴と実務経験の両方が揃っていれば一級建築士の資格を取るのに有利になるでしょう。どちらかが足りないと、資格取得は難しくなるのです。一級建築士を目指している方は参考にしてみましょう。